カテゴリー別アーカイブ: 墓石新設工事

季節は12月、師走です。

12月。朝晩が冷えるようになり、なかなか布団から出るのがつらい時期になってきました。。。

12月!と聞くとなんだか慌しい雰囲気を感じます。しかしながら良いお正月を迎えるためにもあともう少し!! がんばっていきましょう!

 

☆ 今回は坂出市近郊墓地に建立するお墓のご注文いただきました。生前墓でお施主様のご意向に沿って忠実に墓石製作させていただきました!墓石上部の石材は庵治石を使い、下周り部材はポルトガル細目石を使い製作しています。

 ←久々にフトン石を加工していきます。石材加工、おまかせください!

 ←墨に沿って角をとっていき、Rをつくっていきます。庵治石は下地から丁寧に研磨していくとグレーで美しい斑模様が現れます。

 

同時進行でお墓の工事も進めていきます。巻き石は前面部に階段があるタイプです。

 

★ <お墓はやっぱり基礎工事が大切です>  基礎工事が悪いと数年で傾きがでることもあります。

☆ お墓は基礎工事重視の石材店で建てられること、お勧めしています。

 ←墓所の掘り方、そしてしっかり転圧していきます。

 ← 巻き石が乗る部分の捨てコン打設。

 

巻き石を施工していきます。 →  石の継ぎ目部分にはステンレス製アンカーを打ち込み、L型金具でとめていきます → 

砕石敷き&ワイヤーメッシュ敷設 →   その後生コン打設 →   コンクリート乾燥後台石、芝台施工 →  こちらも石の継ぎ目部分はステンレス製アンカー&金具でとめます。 → 

各台石を乗せていく間には耐震性ゲルパッドを使用します。

石の四隅にこんな感じではさんでいきます。→ 

 ← 接着剤は耐震製ボンドを使います。

 ←カニクレーンを使ってお墓を乗せていきます。→  玉砂利を敷き詰め、目地シール入れて完成しました。→ 

 

坂出市 (H様)

お盆に向けてお墓、建立中です。

007 ( ← 写真はクリックすると拡大されます)

8月初め、真夏を体で感じる季節です。汗が止まりません。。。今日は善通寺市近郊の墓地に来ています。

朝からすでに暑く、昼間は最高気温35度前後になる予報、夏場の墓地は墓石が太陽に熱せられ、触れないほど熱くなります。(車のボンネットが熱くなるのと同じです)。その墓石に囲まれた中で作業はかなりハード、暑いんです。。。

前日、巻き石、芝台は組んでいたので今日はカニクレーンを使用し、下台の石からお墓を組んでいきます。

 

もちろん巻き石、芝台は外れないようステンレスアンカーを打ち、L型金具を使っています。

008 ← ← 下台、上台を順番に乗せていきます。接合部は免震タイプのボンドを使います。

005

↑ ↑ 墓地の隣に大きなひまわり。夏を感じる大好きな花です。元気をくれそうな気がします。

 

宮本家青木石10寸 008 ← 青木石の石目です。香川県丸亀市沖に浮かぶ広島で採石されている石です。

専用砥石で研磨するときれいにツヤが乗り、やさしい色、目合いを見せてくれます。

 

☆ この青木石、香川県内では古来よりお墓として数多く建てられており、丸亀城の石垣や金比羅宮の石段、舗道などにも使用されている銘石なんです。

 

宮本家青木石10寸 003

↑ ↑ 竿石をのせ、青木石製墓石、完成しました。接合部に防水目地シールを入れ完成です。

屋根型香炉の中央部にはステンレス製供養箱(扉つき線香ろうそく立てセット)を取り付けます。

 

☆ ☆ ☆ お墓の新設、リフォーム、文字彫刻、なんでもご相談ください。

↓ ↓ ↓

㈲末沢石材店 TEL (0877)47-3831

 

宮本家青木石10寸 004 ← ふと見ると墓地のあいだに花が。鶏頭でしょうか?花は詳しくないのでワカリマセン。。。